子供がSNSのアカウントを持つメリット4つ

親は子供のSNS利用について懸念しているかもしれませんが、子供の発達に与える現代技術の影響は、概ね肯定的であると言っていいでしょう。

SNSが子供に役立っている例をいくつか紹介していきましょう。

  1. 自信を持たせる

SNSは、現代を生きる子供にとって、他人と交流しやすい場となっています。「いいね」をクリックしたり、コメントを投稿したりすることで、自信を持たせ、気後れする気持ちを軽減するとわかっているのです。

コモンセンス・メディアの調査によると、SNSを使用する子供の29%が、「SNS上では自分は臆病ではないと感じる」と答え、20%が「より自信を持てる」と答えています。実際の社交の場においては、若者が臆病で居心地の悪さを感じている一方、SNS上では、自信を身に着け、コミュニケーションの仕方を学ぶことができているようです。

  1. 友好的になれる

SNSは、子供が恥ずかしがらず、また不安になることなく、新しい人間関係を形成できるような心地よい設定がなされているので、人との交流を促進できます。若い世代の子が新しい人と知り合って、他の子との仲を深めることに役立っているのです。SNSで友達ができたり、写真に「いいね」をしたりすることによって、事実上の”つながり”を結び、SNSがもたらす相対距離や安全性は保ちつつ、社交性を学ぶ機会を与えているのです。

  1. 人との繋がりが感じられる

物理的に離れた人を集め、絆を築くため、技術はどんどん発展していっています。SNSの使用は、家族の絆を強め、家族間で情報をシェアすることに役立っていると言えます。SNS上の交流は、安全な連絡網として機能し、更新したりツイートしたりする時に子供がより正直になれるよう促しています。その結果、子供の感情、思考、行動をSNSの使用を通して両親は知ることができるのです。

また、友人や知り合いの写真やタイムラインを見ることは、親にとっても子供にとっても、コミュニケーションや理解の場を持つきっかけになり得ます。

  1. 自分が賢明だと感じることができる

SNSは何よりも、インターネット上の情報ネットワークです。グローブ・アンド・メール誌の記事によると、SNSは若者を賢くしていると言います。社交性の他にも、SNSは問題解決能力や理解力、批判的思考や記憶力の向上にも役立っているそうです。

例えば、若者はどの情報が有益で、どの情報がそうでないかを見極めることを学べます。また、The e-Learning Foundationの調査によると、家にインターネット接続がある子供は、学校でより良い成績を修めていることがわかっています。